ホーム > 事業内容 > 関連商品 > 銅管継手

伸縮継手

TAK それは銅管継手のトップブランド。

多久製作所は国内初の塑性加工技術により銅管継手を独自開発した銅管継手の専門メーカー。
徹底した品質管理とたゆまぬ技術革新に努め、今や質・量共に業界のトップを占めています。
銅配管工事の効率化と経済性・メンテナンス性の向上に貢献し、品質、価格、納期面において信頼のブランドとしてご支持いただいておりますTAK銅管継手をご紹介いたします。

銅管・銅管継手の特性

銅は環境に優しく、からだにも優しい!!

環境性

製造過程でのCO2の排出が少なくダイオキシン等の環境ホルモンにも無縁です。

抗菌性

銅の微量金属作用という特別な働きにより、レジオネラ菌、O-157の病原菌やさまざまな雑菌に対して抗菌効果を発揮します。 又、緑青(青い水)は人体に無害です。

耐震性

銅管は過去の震災において、他管材と比べ、その優れた耐震性が証明されております。

耐凍結性

基本的には凍結させないことが大切ですが、うっかり凍結させても、
他管材に比べトラブルが少ないのが大きな特長です。

経済性

銅配管は銅の高価なイメージとは異なり、経済的にも安心して選んでいただける配管です。

リサイクル性

大切な地球資源である銅は、リサイクル性に富んだ有価金属です。

TAK 銅管継手の特長

1.TAK銅管継手は

日本で最初に他社に先がけて自力開発した製品です。日本工業規格表示認証工場(JIS)、日本水道協会検査工場(JWWA)及び日本銅センター規格認定工場(JCDA)製品です。

2.TAK銅管継手は

高度な塑性加工技術と品質管理により、国内で一番多く使用されている製品です。

3.TAK銅管継手は

塑性加工技術の最先端を行く独自の液圧バルジ成形法で造られ、高い内圧に耐える利点を持つ製品です。


カタログダウンロード

ページの先頭へ